Top > 関節痛Q&A > 関節痛の予防方法

 関節痛Q&A 関節痛の予防方法

関節痛の予防方法

関節痛の予防方法の口コミ・体験談情報

関節痛の予防方法には、肥満の解消が大切ですね。膝関節の周辺を強化する体操や、膝・腰・肩を動かす軽い運動も効果があるようです。生活習慣の中では、冷やさないこと・長く立ち続けないこと・重いものを持たないことも大切です。

関節痛の予防方法を調べて、関節の痛みが起こる原因を減らすことは大切です。
関節の痛みにより、日常生活が不自由になるのは辛いですね。
好きな散歩や買い物ができないだけでなく、お風呂やトイレも不自由になります。

肩・膝・腰の関節痛の予防方法を調べて、スムーズで軽快な動きを維持できるようにしましょう。

次に、関節痛の予防方法を紹介します。

肥満の解消は、関節痛の予防方法でも大切

関節痛の原因は、日常の生活習慣や食習慣が大きく関わっています。
肥満は膝や腰の関節に大きな負担をかけます。
肥満になりやすい食習慣の改善と、ウォーキングなどの運動を取り入れた生活習慣が大切です。

関節痛の予防方法の中では、肥満の解消が最も大切です。

膝の関節痛の予防方法には、膝を強化する体操もある

膝関節の周辺の筋肉を、体操で強化すれば関節機能の衰えを予防できます。

関節を強化する体操には、いろいろな方法があります。
体操による関節痛の予防方法では、足上げ法が簡単ですね。
仰向けに寝て行う方法と椅子に座って行う方法があります。

・仰向けに寝て行う体操による関節痛の予防方法。
仰向けに寝て、膝を伸ばしたまま片足を45度程度の角度まで上げます。
上げたら10秒間停止します。
膝を真っ直ぐに伸ばすことがポイントです。

・椅子に座って行う体操による関節痛の予防方法。
片足の足をピンと伸ばして、水平に足を上げます。
上げたら10秒間停止します。

仰向けに寝て行う方法・椅子に座って行う方法ともに、20回程度以上行いましょう。

関節痛の予防方法には、軽い運動がある

肩・腰・膝などを軽く動かす運動を、生活習慣の中に取り入れませんか。
軽い運動は、関節部分や周辺の血行を良くします。
日頃の軽い運動が、腕の上げ下ろしや膝や腰の曲げ伸ばしをスムーズにします。

関節痛の予防方法(生活習慣編)

関節痛の予防方法は、毎日の生活習慣で気をつけることが大切です。
若いときには普通のことでも、年齢に合わせて気をつけることがあります。

・正座は膝や腰に負担をかけます。
腰痛・膝痛の緩和には、椅子生活も効果的です。

トイレも、和式から洋式に変えると良いですね。

弱った膝や腰や肩に負担をかけない、生活習慣を心がけることも大切です。

・お風呂で正座をしませんか。
お風呂での正座は、膝の運動になります。
湯船の中で、1日1回・1分間の正座は膝や腰の運動になります。

・関節痛の予防方法の中では、カラダを冷やさないことも大切です。
肩・腰・膝を冷やさないように、生活習慣で気をつけましょう。

・長時間立ち続けないことや、重い荷物を持ち続けないことも、関節痛の予防方法の一つです。

加齢により筋力や関節は弱くなります。
生活習慣の中でチョット気をつけることが、関節痛の予防方法では一番大切です。


1
HOME
株式投資