グルコサミンサプリメントランキング

注目情報

最新のグルコサミン特集

グルコサミンとコンドロイチンの違い・効果

グルコサミンサプリメント体験談情報

グルコサミンとコンドロイチンの違い・効果で大きいのは、グルコサミンからコンドロイチンが合成されることです。どちらも加齢によって合成能力が低下します。関節軟骨には大切な成分なので、食品や栄養補助食品で摂取すると良いですね。

グルコサミンとコンドロイチンの違い・効果の概要を紹介します。

グルコサミンとコンドロイチンの違い・効果(1)

グルコサミンは、関節の修復材とよばれる成分です。
体内の関節やじん帯などにあります。
タンパク質と糖を原料にして、体内で合成される成分ですが、合成能力は加齢と共に低下します。
中年以降は、食品や栄養補助食品などで補うことも大切です。

グルコサミンとコンドロイチンの違い・効果(2)

コンドロイチンは、グルコサミノグルカン(ムコ多糖)とよばれる成分です。
グルコサミノグルカン(ムコ多糖)とよばれる成分には、ヒアルロン酸などもあります。

グルコサミンとコンドロイチンの違い・効果で大きいことは、グルコサミンからコンドロイチンが合成されることです。

グルコサミンと同じく、コンドロイチンも加齢により合成能力が低下します。
グルコサミン自身の体内合成能力低下よりも、グルコサミンからコンドロイチンへの合成能力低下の割合は大きくなるのが特徴です。

コンドロイチンは、関節軟骨だけでなく、皮膚・血管壁・腱や脳など、多くの組織にあります。
中年以降は合成能力が低下するので、食品や栄養補助食品などで補うことも大切です。

グルコサミンとコンドロイチンの違い・効果(3)

グルコサミンは、関節軟骨を新しく作りかえる働きをします。

コンドロイチンは、関節を滑らかに動かすクッションの働きをします。

食品や栄養補助食品を摂る時には、グルコサミンとコンドロイチンを一緒に摂ると効果も大きいとされています。

グルコサミンとコンドロイチンの違い・効果(4)

グルコサミンには、関節軟骨の代謝を調整する働きと、関節軟骨の退化を防ぐ働きがあります。

コンドロイチンには、美肌効果や肥満・老化予防や関節痛を緩和する働きがあります。

加齢により、グルコサミンもコンドロイチンも合成能力が低下します。
関節のスムーズな動きの為には、食品と栄養補助食品で補充することが大切です。

栄養補助食品(サプリメントなど)を選ぶ時は、2つが一緒になっているタイプを選びませんか。


HOME
株式投資